外国語活動の特色

東葛城小学校では2年後の5、6年生「外国語」教科化、3、4年生「外国語活動」必修化に向けて
先行して、本年度より実際の時間数を時間割に位置付け「外国語」「外国語活動」の学習を行っています。                         また、1、2年生においても外国語活動に取り組んでいます。
2年後全面実施になった際に、子どもたちが安心して学習・活動できればと思っています。

1・2年生 15時間
3・4年生 35時間
5・6年生 70時間

本年度の活動の様子

児童が前に出てあいさつ、日付、曜日、天気の確認を英語で行っています。

授業は基本的に担任が行います。東葛城小学校は電子黒板がすべてのクラスに配備されているのが特徴です。
さらに、外国語補助員の先生やALT(海外出身)の先生が学期ごとに来てくれています。
発展的な表現を習ったり、ネイティブな発音に触れることができます。少人数の学校なのでたくさんコミュニケーションがとれ、           どんどん練習ができ、子供たちは楽しく活動しています。